© Copyright All Rights Reserved GAUCHE MUSIC ACADEMY

連絡先

〒297-0202

千葉県長生郡長柄町味庄109-2

Tel   0475-36-3774

Fax  0475-36-3709

営業時間

10:00am - 8:00pm

(受付10:00am - 5:00pm)

定休日

月曜日

Featured Posts

レッスン8日目

スズキ受難曲 「おお、白鍵は血にまみれ」 】 前回のレッスンからはこれまでパーツに分けて練習してきたものを、曲として全体を通して弾くことを目指しています。 退社後の自主練習のときは、先生に教えてもらったコツを取り入れながら、自分が苦手な部分に重点を置いて、とにかく何度も繰り返し弾いてきました。 とはいえ、人間、集中力がまともに維持できるのは、ふつうせいぜい1時間といったところでしょうか。 夢中になって練習していても1時間が近づくと、ピアノが耳には聴こえていてだんだんもぼうーっとして脳にまで届いていない感じになって、上達する効率も極端に落ちるように思います。演奏家の方々はそれはもう別格なんでしょうけれど。 それでも休みの日も、ときどきピアノを持っている知人の家で弾かせてもらったりした甲斐あってか指も動くようになってきたし、これまでパーツでしかなかった小節が繋がって、徐々に曲らしくなってきたのを自分でも感じます。 ではここで、マジ修業視聴者のファンのみなさまの熱いご要望にお応えまして、現在の時点での成果を披露いたしましょう~♪

ハハハみなさん、いつにない神妙な私の顔に笑って頂ければなによりです(^_^;) 緊張しいの私、自撮りなのにカメラを向けられているだけで汗だくです。 さてレッスンは8回目に突入。いよいよこのコースも佳境に入ります。 この右手の主旋律にいよいよ左手の和音を重ねてゆく回を迎えました。 指慣らしの後に繋がった曲を先生に聞いてもらいます。 早く無事に曲を終わらせたい一心で、リズムがついつい速くなりがちなので、もっとゆっくり弾くようにと言われ、一音一音を確実にしてゆきます。 テンポを落として弾くと、これまで何となく勢いで無意識に誤魔化して適当に弾いていたり、楽な指で弾いたり、そういうのがすべて白日の元に晒されてしまい、ええ加減な性格が露わにされているような気分になって、なんとも恥ずかしいような。 さらにはそこに左手の和音を入れていきますが、そうするとそちらに気が散って右がおろそかになるし、右を気にすると今度は左のテンポが滅茶苦茶になってしまいます。 先生の指導も一段、細かく入って、頭では分かっていても動かない指との狭間で途方に暮れてしまい、なかなか前へ進めません。 何度もトライして冷や汗でだくだくになりながら、でもやはりプロのご指導は理に適っていて、そうしているうちにわずかずつですが、テンポや曲の流れといったものが掴めるようになってきた気もします。 それにしても今日のレッスンは、久しぶりに打ちのめされた感もあり、かなりグッタリとなりました。 回数がもう2~3回でもあれば、もうちょっと詰めて仕上げていけるんだけどなー。 まあ人間追いつめられると、よくそう言いますよね(;一_一) でもパーフェクトでなくてもいいかな、とも思えてきました。 ラスト1回まで練習をたのしみながら、出来る限りがんばるぞ~!


Recent Posts
Search By Tags
Archive
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now